その場に合ったBGM

このコラムをシェアする

オープニングとエンディング

毎回決まった音楽を、動画のオープニングとエンディングに流しましょう。
すると、さらにクオリティーの高い動画に見えます。
また動画内でも、明るい時は楽しい音楽を使ったり、特に盛り上がるシーンでは拍手の効果音を使ったりするのがおすすめです。
拍手やファンファーレ、ベルの音など様々な効果音がフリー素材になっています。

フリー素材なら許可を申請せず使えるので、動画を作る時に役立ちます。
しかしフリー素材でない曲を使いたい時は、許可を申請しなければいけません。
無許可で他人の音楽を勝手に使うと、あとでトラブルが起こるので気を付けましょう。
1回でもトラブルを起こすと印象が悪くなり、動画の再生回数が伸びなくなってしまいます。

動画用の音楽を作る

著作権の問題が気になる人は、音楽を自分で作るのが最も良い方法です。
それなら自分のオリジナル曲になるので、誰にも許可を申請する必要はありません。
動画のメインテーマがあれば、さらにカッコいい動画になります。
これまでに作曲をしたことがない人でも、適当に音符を並べるだけで音楽を作れるアプリがあるので使ってみましょう。

アプリではピアノやギター、ドラムなどを使えるので、まずは自由に音を組み合わせてください。
しかしたくさんの楽器を使うと、音がうるさくなってしまいます。
楽器を足したり引いたりしながら試行錯誤を重ね、良いメインテーマを作りましょう。
音楽を作っている作業風景を動画に残して投稿すると、1つのネタになります。