もっとわかりやすくするために

このコラムをシェアする

エフェクトを使おう

字幕を付けると、視聴者が聞き逃しても内容を掴めます。
重要な部分や面白いワードは、字幕にしましょう。
場面の雰囲気に合わせて丸い文字や四角い文字など、フォントを使い分けてください。
動画編集ソフトやアプリでは文字が流れたり、飛び出したりするエフェクトを使用できます。

無料のソフトやアプリでも、いくつかのエフェクトが入っているので安心してください。
動画を作ろうと、いきなり有料のソフトやアプリを購入する人が見られます。
しかし初心者がいきなり有料のものを使っても、機能を使いこなせないかもしれません。
最初は基本的な操作に慣れるため、無料のソフトやアプリを選びましょう。
それで物足りないと感じたら、有料版を使ってください。

存在を知ってもらおう

有名な動画クリエイターになりたい人は、定期的に動画を投稿してください。
しかし毎日動画を作って投稿するのは難しいので、1週間に1回程度がおすすめです。
こまめに投稿することで、自分を知ってくれる人を増やせます。
ここで重要なのは、どの動画もクオリティーを下げないことです。
1週間に1回投稿することを重要視しすぎて、適当に作った動画を投稿してしまう人が見られます。

しかしそれでは動画の質が下がったと感じ、視聴者が離れる原因になります。
どの動画も気を抜かず、また内容が被らないようにネタを考えてください。
さらに、投稿する曜日や時間帯を決めましょう。
毎週日曜日の午後7時など、見てくれる人が多い時間帯を選ぶことがポイントです。